採用情報

採用情報
私たちは、賃貸住宅に関連する人々の幸せを実現するために、日々仕事をしています。公益法人の事務局というと、毎日静かにパソコンに向かって仕事をするといったイメージを持たれる方も多いかと思いますが、私たちの職場は平均年齢が比較的低いということもあり、とても活気に溢れています。
職員は全員中途入局で、全く関係の無い業界からの転職者がほとんどです。
同じ志を持ち、一緒に成長していきたい方を心よりお待ちしています。

写真に見る事務局職員の日々の仕事風景

ひとりひとりが責任感と自覚を持って、まじめに仕事に取り組んでいます。

私たちが働くビルです。東京駅徒歩2分で抜群の立地です。

私たちが働くビルです。東京駅徒歩2分で抜群の立地です。

ご来局者様をこの受付でお出迎えします。

ご来局者様をこの受付でお出迎えします。

オフィスには29名の職員が働いています。

オフィスには29名の職員が働いています。

会議や打合せを随時行い、コミュニケーションを図っています。

会議や打合せを随時行い、コミュニケーションを図っています。

広報に欠かせないポスター作成も大事な仕事です。

広報に欠かせないポスター作成も大事な仕事です。

セミナーの案内書を1から作成します。

セミナーの案内書を1から作成します。

テキストの校正では一文字たりとも誤りを見逃しません。

テキストの校正では一文字たりとも誤りを見逃しません。

イベントでは協会の出版物の販売も担います。

イベントでは協会の出版物の販売も担います。

会場設営も大事な業務の一つです。

会場設営も大事な業務の一つです。

オンラインセミナーでは進行役も務めます。

オンラインセミナーでは進行役も務めます。

不動産オーナー向けセミナーで法律について丁寧な説明を行います。

不動産オーナー向けセミナーで法律について丁寧な説明を行います。

職員が職員に向けて勉強会を行い、お互いを研鑽します。

職員が職員に向けて勉強会を行い、お互いを研鑽します。

日管協フォーラムで、笑顔で来場者を迎えます。

日管協フォーラムで、笑顔で来場者を迎えます。

インタビュー with 職員

日管協での仕事について本音を聞きました

  • 2020年入局
  • R.S
活気ある職場に驚きました
Q.あなたの仕事内容を教えてください。
A.私が所属するグループは、協会の活動方針を定め、その進捗や修正を協議する本部会議の運営が基幹業務です。合わせて、法務委員会担当として賃貸住宅管理契約書のひな型作成や家賃債務保証の健全な発展と普及を目指す「家賃債務保証事業者協議会」を担当しています。
Q.仕事のやりがいを教えてください。
A.上記会議の資料作成や運営のみならず、広報動画の編集や、周知リーフレット作成など事務的な仕事からクリエイティブな仕事まで様々な業務に携われることです。
Q.入社前と現在のギャップはありますか。
A.公益法人ということで、入局前はかなり堅く静かな職場を想像していましたが、実際には電話は鳴りっぱなしで、一日中座ってパソコン作業をするような日はほとんど無く活気のある職場でした。上下関係も厳しくなく、上司や先輩などに対してもしっかりと自分の意見を伝えられる環境が整っており嬉しいギャップでした。

主な1日のスケジュール

9:00
出社、メールチェック
9:30
朝礼
10:00
1日のタスクを共有するためのグループミーティング
10:10
協議会加入会社の契約書チェック
11:00
本部会議出欠メール作成
12:00
キャンペーン用リーフレットの打合せ
13:00
昼食
14:00
賃貸管理受託契約書修正
15:00
賃貸保証契約書記入例作成
16:00
賃貸管理受託契約書 解説・留意点作成
18:30
終礼、広報動画収録・編集
20:00
帰宅

  • 2016年入局
  • T.T
大きな誇りを持って国家資格の運営に携わっています
Q.あなたの仕事内容を教えてください。
A.私が所属するグループは、当協会協を含めた業界3団体で構成される「賃貸不動産経営管理士協議会」を運営しています。「賃貸不動産経営管理士」の資格運営は、試験の実施だけでなく、資格の認知度向上のためにメディアに広告を打ったり、試験勉強用のテキストを制作したりしています。
Q.仕事のやりがいを教えてください。
A.有資格者から「実務に役立った」「資格を持っていることで、社内で重要なポストを任された」といった声を聞くと、とてもやりがいを感じます。今年、国家資格になったことで責任感がより増すと共に、今まで以上に誇りも持つようになりました。
Q.大切な心構えはありますか。
A.資格運営は見えない部分で業務は多岐にわたります。メディアに広告を打つ際は、広告代理店と何度も何度も打ち合わせし、テキスト制作の際は、弁護士の先生の元に何度も訪問し内容の精査を行います。このように、地道な業務も丁寧に行う姿勢が大事です。

主な1日のスケジュール

8:40
出社
9:30
朝礼
9:50
1日のタスクを共有するためのグループミーティング
10:00
テキスト内容について弁護士と打合せ
11:30
試験問題の校正
13:00
昼休み
14:00
講習会場下見のため外出
16:00
広告代理店と打合せ
18:30
終礼
19:00
広告の内容を役員に上程
20:00
会議資料の作成
21:00
帰宅

  • 2017年入局
  • Y.H
協会全体を動かす重要な会議を円滑に進行します
Q.あなたの仕事内容を教えてください。
A.私が所属するグループは、協会運営の根幹に係る本部会議の運営、預り金保証制度や家賃債務保証に係る委員会、加えて、不動産の相続支援についての資格を運営しています。
Q.仕事のやりがいを教えてください。
A.日管協預り金保証制度は、加入年数に応じた表彰があります。表彰された会社を訪問した時に、贈呈された盾が飾ってあると、会社の信用度向上にお手伝いできていることが実感でき、とても嬉しい気持ちになります。
Q.仕事で気を付けていることはありますか。
A.役員は全員別の会社に籍を置く外部の方です。そういった方が多く参加される本部会議の運営は、大変プレッシャーがかかります。しかし、当日の進行や動きを何度も事前にシミュレーションし、万全の状態で臨めるよう毎回心掛けています。

主な1日のスケジュール

9:20
出社
9:30
朝礼
9:50
1日のタスクを共有するためのグループミーティング
10:00
本部会議準備(資料印刷、会場設営)
12:00
昼休み
13:00
本部会議での司会
17:00
本部会議の振り返り、反省会
18:30
終礼
19:00
本部会議の議事録作成
20:00
翌日のタスク整理
20:30
帰宅

  • 2018年入局
  • Y.T
会員の声を行政に届け、業界の発展をサポートします
Q.あなたの仕事内容を教えてください。
A.国土交通省が施策を組み立てる際、賃貸住宅管理業者の実務や実体を知ってもらうことでより良い制度が構築されます。業界団体として、管理業者の声を行政に伝えることで、公益性があり社会に役立つ事業を提案しています。
Q. 仕事のやりがいを教えてください。
A.昨年6月に賃貸住宅管理業法が国会で成立した時、今まで根気よく頑張ってきて良よかったと思いました。
Q.行政と仕事を進める上で大変なことはありますか。
A.業界団体は、行政の意向を受け入れるだけでなく、その施策が法律として公共性を維持しながら、業界に円滑に浸透されるよう進める使命があります。これはとても大変ですがやりがいもあります。

主な1日のスケジュール

9:15
出社
9:30
朝礼
9:50
1日のタスクを共有するためのグループミーティング
10:00
国土交通省訪問に向けた課題整理
11:00
国土交通省の担当者と個別交渉
12:00
昼休憩
13:00
訪問で新たに生まれた課題の整理
14:00
その課題を上司や理事といった関係者に報告して相談
15:00
契約書式の原案の考案
17:00
書式の方向性の確認及び会員から意見の吸い上げ
18:00
国交省へ相談及び次のアポ取り
18:30
過去の判例や制度の調査研究
19:30
帰宅

  • 2017年入局
  • A.N
どうすれば職員が働きやすくなるのかを常に意識しています
Q.あなたの仕事内容を教えてください。
A.私が所属するグループは、事務局の総務、経理、人事といったバックオフィス業務全般を担うとともに、IT・シェアリング推進事業者協議会という委員会の運営を行っています。
Q. 仕事のやりがいを教えてください。
A.職場の改善点を提案したり、それを実現したりすることによって他の職員から「以前よりも仕事をしやすくなった」「便利になった」といった言葉を貰うとやりがいを感じます。
Q.どんな人が職員として向いていますか。
A.職場内外問わずコミュニケーションをとる機会が多いので、それが苦にならない人が向いていると思います。また、人前で話す機会もあるので、話すのが得意な人も向いていると思います。

主な1日のスケジュール

9:15
出社
9:30
朝礼
9:50
1日のタスクを共有するためのグループミーティング
10:00
事務所レイアウト変更に関する外部業者との打合せ
12:00
昼休憩
13:00
会議準備(資料印刷、会場設営等)
15:00
会議運営(IT・シェアリング推進事業者協議会)
17:00
職員の給与データの基になる資料の作成
18:30
終礼、翌日のタスク整理
19:00
帰宅

求人情報

採用情報は随時求人媒体にアップしています。

※現在リクナビで求人を公開しています。

リクナビNEXT

PAGE TOP